HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  雑記  »  【読み物】ー月の姫 魔術師との遭遇ー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読み物】ー月の姫 魔術師との遭遇ー

前作
ー永遠亭、荒れに荒れー
の続き
BGM by 風光明媚



久しぶりに永遠亭を出た。とはいえ、ここ数年は幻想郷の人々にも受け入れられていることから、前よりでかける回数は多くなった。
鬱蒼と茂る竹林だが輝夜は星が見えなくても、通り抜けることができる。一種の才能でもあるが本人にとってあまり重要でない。
ここから先、竹はまばらで妖怪の数も増えてくる、人間が一番気をつけなければならない場所だ。
しかし輝夜は突風とみぞれの中で番傘をくるくると回しながら、特に気に留めることなく歩いていた。
するとそこで出会ったのは、普通の魔法使い霧雨魔理沙だった。
「ん?永遠亭の姫か。珍しいな」
「そうね、ちょっとお出かけよ」
その言葉に魔理沙は空を見渡して、霧雨を降らせる雲を見上げた。
「あまり外に出るような天気じゃないな」
「あら、それならあなたも同じでしょ?」
輝夜はくすくすおかしそうに笑った。
「いいや、私は晴れを取り戻すために動いているんだ」
大真面目に魔理沙は答えたが、その時溶けた雪まで降ってきた。霙である。
それに気付いた魔理沙は難しい顔をした。
「そう、私が動いているのも同じ理由だわ」
輝夜は涼やかな声で答えた。
「そうか、私とライバルになるわけだな。なら私が先に生かせて貰うぜ」
「待ちなさい。私を倒すのが先でしょう?」
姫と魔女は対峙し、互いの隙を探る。
先に動いたのは魔理沙だった。小さな八卦炉から星の弾が周囲を照らすように散らばる。
輝夜は魔理沙の弾幕を避けつつ光る弾を返すように発射する。それは空を彩る美しい狂騒曲。
霙の中で二人は身体を濡らしながらも極限の弾幕をつむぎだす。
「やるな、姫」
「そっちこそね」
魔理沙は深めに帽子をかぶって意地の悪い表情で、一枚のスペルカードをポケットから取り出す。
同じく輝夜も色彩豊かなカードを右手に持っている。
輝夜が高らかに歌い上げるように言った。
「あなたは古《いにしえ》の貴族が挑んで敗れた私の難題、いくつできるかしら?」
魔理沙は笑みを深くしながら答えた。
「ああ、この魔理沙さんなら、最速で取り掛かるさ」
満面の笑みと満開の笑みがほぼ同時にこぼれる。
『難題―』
『恋符―』
スペルカードが高々と掲げられ、魔理沙と輝夜はここに宣言した。
『―龍の頸の玉ー五色の弾丸ー』
『―マスタースパーク』
恋符マスタースパーク、それは魔理沙の持つスペルカードの中でも破格の威力を誇る超極太レーザーを放ち、敵そのものを焼き尽くす。生身の人間が扱うには少しばかり大きすぎる力である。

難題、龍の頸の玉ー五色の弾丸、それはまだ日本にも貴族というものがいた古い時代。求婚者に対して輝夜が結婚の条件として出した難題のひとつである。
しかしそのどれも多くの貴族が敗れた、名に聞きし難題。姫が持つに相応しきモノである。
虹色の弾幕と真っ白なレーザーはともに相手を打ち落とさんと迫ってくる。
その交差はどこかでズレた。気の緩み、それとも単なる実力不足か。しかしその差は徐々に、かつ明確に現れてきた。
「…」
魔理沙は小さな星の弾幕で輝夜を囲う。輝夜はそれを丁寧に避けていく。
滑らかだった。それでいて厳かだった。無論、魔理沙は手を抜いたわけではない。むしろ自身が先にこの異変を止めるということのみでいつも以上に力が入っていた。
なのに輝夜の動きには澱みがない。あたかも魔理沙のスペルカードを知っているというように。
一方の魔理沙は避けることに精一杯だった。一応は輝夜の一直線上に並んではいるが、魔理沙が見ているのは輝夜ではない。
目の前に迫る虹色の弾幕だ。次々と矢継ぎ早に出されるソレは回避運動を要して、その間に別の弾幕が目の前に現れる。
とてつもなく長い時間に思えた。魔理沙も負けじと、躱した隙に星を輝夜へと殺到させる。
だが―
「わぷっ」
魔理沙は輝夜の出す弾に衝突した。こうして西洋の魔女と東洋の姫君の戯れに決着がついた。
「くそ、油断したぜ」
「じゃあお先に失礼するわ」
そうはいうが、はて、お先にどこへ行くべきなのか。
魔理沙と別れた輝夜は、とりあえず霙の中適当に歩き始めた。
「うーん、この天気、やっぱりどうにかならないかしらね」


Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
更新履歴


第十三回東方紅楼夢 お品書き 【10/16 委託情報公開】 (09/24)

例大祭14 お品書き (04/02)

紅楼夢12 お品書き (10/02)

紅楼夢12 (08/02)

メリーさん(オリジナル) (07/18)

総記事数:
カウントダウン
来てくれた人
Since 2012/06/11
応援よろしく
プロフィール

七空榮宴亭

Author:七空榮宴亭
東方を愛してやまない野郎の集まりです。

メールアドレスは
こちら

お品書き
通販委託情報
【従者の心得】 紹介ページ

【午前零時のセプテット・上】 紹介ページ

【午前零時のセプテット・下】 紹介ページ

【閉ざされた冬の幻想で】 紹介ページ

【忘れ形見の鈴蘭人形・上】

紹介ページ

【忘れ形見の鈴蘭人形・下】 紹介ページ

【Torisata Pandemic】 紹介ページ

つぶやき
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク



・参加イベント


・お世話になっている印刷所


・お世話になっている委託先

・友人のホームページ HN:Darkssさん
DTM・ボカロを中心に作曲活動中
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。